スポーツ文化フォーラム Session 11 相田一人 氏 x 辻 秀一

スポーツ文化フォーラム Session 11  相田一人 氏 x 辻 秀一

© Mitsuo Aida Museum

スポーツ文化フォーラム
SESSION.11

言葉を深める。

相田みつを美術館 館長
相田一人

概要

日時 八月二一日(火)一九時〜二0時半
(受付一八時〜 ※開演前まで館内鑑賞可)

場所 相田みつを美術館
東京都千代田区丸の内三ー五ー一
東京国際フォーラム 地下一階

料金 前売 三,000円(税込)
当日 三,五00円(税込)

IMG

対談

相田一人

相田みつを美術館館長。
昭和三0年栃木県足利市生まれ。
書家・詩人である相田みつをの長男。
出版社勤務を経て、平成八年東京銀座に相田みつを美術館を開館。
「じぶんの花を」「本気」「ある日自分へ」(文化出版局)、「いまから ここから」(ダイヤモンド社)などの編集、監修に携わる。著書に「父 相田みつを」(角川文庫)「書 相田みつを」、「相田みつを 肩書きのない人生」(文化出版局)がある。
平成一五年一一月、東京国際フォーラムに新美術館をオープン。
現在、美術館業務の傍ら、全国各地で講演活動や執筆活動を行っている。

IMG

辻󠄀秀一

スポーツドクター。
昭和三六年東京生まれ。慶應義塾大学病院内科、慶大スポーツ医学研究センターを経て(株)エミネクロスを設立。
志は、〝スポーツ文化日本〟と〝ご機嫌日本〟の創生。
専門は応用スポーツ心理学をベースにしたメンタルトレーニング。プロアスリートやアーティスト、企業まで独自のフロー理論「辻󠄀メソッド」でサポートする。
著書に三七万部突破の「スラムダンク勝利学」(集英社インターナショナル)、「自分をごきげんにする方法」(サンマーク出版)、「禅脳思考」(フォレスト出版)ほか多数。

IMG